権利擁護事業

HOME > 権利擁護事業

日常生活自立支援事業(福祉サービス利用援助事業)

利用者との話し合いをとおして、日常生活の心配ごとの相談を受けながら、福祉サービスを利用するお手伝いや、日常生活費を管理するお手伝いをします。

お問合せ
日常生活自立支援事業担当
小樽市稲穂2−22−1 小樽経済センタービル1F
TEL:0134−64−1231、FAX:0134−24−2575
開設日・時間:月曜〜金曜(祝日、年末年始は除く) 9時〜17時


成年後見事業(小樽・北しりべし成年後見センター)

認知症や、知的障がい、精神障がいなどにより、判断能力が不十分な方を主な対象として、成年後見事業を行い、その方の権利を守り、地域で安心して生活できるように支援します。
小樽・北しりべし成年後見センターで対応する成年後見制度の利用対象者は、北後志圏域6市町村(小樽市、積丹町、古平町、余市町、仁木町、赤井川村)にお住まいの方になります。


成年後見制度の種類

後見保佐補助
判断能力が全くない方 判断能力が著しく不十分な方 判断能力が不十分な方

こんなときは、ご相談ください

お金の管理がうまくできません。

本人の判断能力により、日常生活自立支援事業で手続の支援を行ったり、成年後見制度を利用して代理人として契約することができます。

お金の管理が上手くできません。

本人の判断能力により、日常生活自立支援事業を契約し、金銭管理の支援をすることができます。施設入所者等で日常生活自立支援事業の対象外になった方にはあんしんサービス事業で金銭管理を支援することができます。また、判断能力が著しく低下した方は、成年後見人が預貯金や不動産などの財産管理を行います。

最近、母の家に訪問販売が来ているようで心配です。

成年後見人が本人が行った契約を無効にしたり、被害金額を取り戻すことができます。



後見・補佐・補助開始までのイメージ

当センターで相談を受けたときの後見など(後見・保佐・補助)開始までのイメージ


ご注意

ご相談をご希望の方は、職員が外勤などで不在となることもありますので、予めお電話などでご予約ください。

お問合せ
小樽・北しりべし成年後見センター
小樽市稲穂2−22−1 小樽経済センタービル1F
TEL:0134−33−7760、FAX:0134−24-2527
開設日・時間:月曜〜金曜(祝日、年末年始は除く) 9時〜17時
Email:kouken@otaru-shakyo.jp


お問い合せは、こちらのメールフォームをご利用ください