地域福祉事業

HOME > 地域福祉事業 > 生活支援コーディネーターの活動

生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)とは…

小樽市では、年齢を重ねても住み慣れた地域で自分らしく暮らしていくための環境づくりを進めています。
生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)は、地域住民の方々や関係機関と協働しながら、高齢者の社会参加や住民主体の活動を中心とした小樽市独自の「支え合いの地域づくり」を推進しています。

生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の役割

「支え合いの地域づくり」のイメージ図

※1 矢印は、それぞれが連携と協働を図りながら「支え合いの地域づくり」を広げていくことを示しています。

※2 全市を担当する第1層生活支援コーディネーターが小樽市社会福祉協議会に、日常生活圏域を担当する第2層生活支援コーディネーターが各地域包括支援センターに、小樽市からの委託を受け配置されています。

※3 小樽市第1層生活支援体制整備協議会には、小樽市総連合町会や小樽市老人クラブ連合会、小樽市民生児童委員協議会等から推薦された委員が集まり、地域づくりについての意識の統一を図り、情報交換や方針策定を行います。

小樽市 みんなでつくる 地域のお役立ち手帳

「小樽市 みんなでつくる 地域のお役立ち手帳」は、生活支援コーディネーターが中心となり、地域で元気に暮らしていくために役立つさまざまな情報をまとめた冊子です。下記の画像をクリックいただきますと、PDFデータで全体をご覧いただけます(全38ページ、約3MB)。
掲載情報は、平成30年3月末時点のものです。開催日時や問い合わせ先などが変更になっている場合がありますので、ご不明な点等がございましたら下記までお問い合わせください。
また、「お役立ち手帳」についての感想や情報の掲載希望などについても、お気軽にご連絡ください。

みんなでつくる地域のお役立ち手帳
お問合せ
小樽市社会福祉協議会 地域福祉係
小樽市富岡1-5-10 小樽市総合福祉センター4F
TEL:0134-23-7847  FAX:0134-32-5641